1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語であり、男性型脱毛症のことです。髪が徐々に細くなり、抜け毛が増え、症状が進行すると頭皮が露わになっていきます。男性に限らず女性にも起こりうる症状で、女性の場合はFAGA(女子男性型脱毛症)と呼ばれており、AGAとは区別されます。

男性の場合は主に20代から症状がみられるケースが多いですが、場合によっては10代後半から症状がみられるケースもあり、自覚症状が現れるタイミングは人それぞれです。

なお、前髪の生え際や頭頂部の両方または何らかの頭髪が薄くなってくるのが特徴です。そして、AGAは進行性である為、個人個人で差はありますが、日々少しずつ、確実に症状が進行していきます。

AGAの進行パターンとは?

7d06b16723b05402b2894261c37a1666_sアメリカの医師ハミルトンによりAGAの進行パターンをHamilton分類という手法で以下の通り分類されています。

  • Ⅰ型・・・前頭部の前頭部の生え際がM字型に後退しはじめた状態
  • Ⅱ型・・・I型よりもさらに進行した状態
  • ⅡVertex型・・・II型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
  • ⅢVertex型・・・III型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
  • Ⅳ型・・・III型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態
  • Ⅴ型・・・Ⅳ型がさらに進行した状態
  • Ⅵ型・・・前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、発毛部分が側頭部のみの状態
  • Ⅶ型・・・Ⅵ型が進行し、側頭部の毛量も減ってきた状態
AGAの症状の特徴である、前髪の生え際及び頭頂部の進行具合で分類パターンが異なります。

AGAの原因とは?

AGAの原因は5αDHTという男性ホルモンの1種です。この5αDHTがどのように出来るかというと、テストステロンという男性ホルモンの1種が体内を巡っており、頭部で5α-還元酵素というに物質と結びつくことで、5αDHTという物質に変換されます。

なお、5αDHT単体でAGAの症状を引き起こす訳ではなく、頭部の毛乳頭細胞中のアンドロゲン受容体という物質と結合することで、AGAの症状が引き起こされます。なお、アンドロゲン受容体のある場所の個人差により、髪が薄くなる場所は異なります。

AGAの症状とは?

本来1本あたりの髪の毛が生えて抜けるまでのヘアサイクル(毛周期)は2~7年前後とされています。しかし、AGAになると、その1本あたりの髪の毛が生えて抜けるまでのヘアサイクル(毛周期)がどんどんと短くなっていきます。その為、AGAの初期段階として抜け毛が増えてきます。

次に毛根が委縮していくと、髪の毛がどんどん細くなっていきボリュームがどんどんと減っていく為、次第に地肌が透けてくることで見た目に薄くなってきます。

症状を自覚したら早めに治療をした方が良いというのはこの為です。

AGAの歴史とは?

AGAという言葉自体は最近のものですが、薄毛に関しての歴史は古く、紀元前400年頃から薄毛の原因の追究が行われていました。

その時代の医療技術が乏しかったこともあり「海草を食べると髪が生える」「去勢すると薄くならない」「毛穴に詰まった油によって毛が抜ける」などなど、1900年代中盤まで様々な諸説が入り乱れましたが、AGAの原因の特定や抜本的な解決方法は見つかりませんでした。

1960年代には5αDHTがAGAに関与していることが明らかになり、このころから、ネイティブ・アメリカンが強壮剤として愛用した「ノコギリヤシ」に、前立腺肥大の予防、男性の薄毛の予防の効果もあることが研究され始めました。1983年、米国のメルク社が、5α-還元酵素阻害薬であるフィナステリドの合成に成功しました。

まずは、良性前立腺肥大症治療薬として「プロスカー」を発売し、1998年に男性型脱毛症治療薬として「プロペシア1mg錠」を米国を手始めに世界に向けて発売しました。

日本で「プロペシア」は、2005年にAGA男性型脱毛症用薬として厚生労働省から承認され「プロペシア0.2mg/1mg」が発売されました。

現在では、薄毛は薬で症状が改善されることは医学的な見解から世界中で認められていますので、安心して頭髪の治療を行うことが出来ます。

AGAのウソ・ホント?

ストレスが多いとAGAが進行しますか?
AGAとストレスの直接的な関係は科学的に分かっていません。

しかし、この時代誰もがストレスを抱えていますし、ひどくなると自律神経にも悪影響を与えることが分かっています。そうなると摂食障害や睡眠不足など、間接的ですが、髪に良くない影響が多くなりますので、適時ストレスを発散し貯め込まない生活を心掛ける必要があります。

頭皮に油が溜まると、AGAになりますか?
以前は原因の1つと言われていた時代がありますが、現代医学でAGAの原因が男性ホルモンと分かっていますので、頭皮の脂油はAGAに全く関係ありません。

AGAとは別に脂漏性脱毛症という脱毛もありますから、毛穴に油が溜まらないようきちんとシャンプーを行いましょう。

タバコを吸っている場合、禁煙するとAGAは治りますか?
AGAの根本的な原因にはならない為、AGAの症状が改善されることはありません。
ただし、ニコチンには毛細血管を収縮させる役割もあるので、毛根の栄養不足に繋がる可能性もあります。たばこは可能な限りやめましょう。
抜け毛の量は気温や湿度、季節によって変わりますか?
人の抜け毛の量は個人の体質や性質によって一概に結論を出すことはできません。
しかし、夏の紫外線で日焼けした頭皮は抜け毛に繋がる事があります。夏場のダメージがその後の抜け毛につながります。
インスタント食品を辞めて、食べ物に気をつければAGAになりませんか?
AGAの根本的な原因にはならない為、AGAの症状が改善されることはありません。
ただし、タンパク質・ビタミン・ミネラルの取れない食事は髪にもよくありません。大豆・海藻類などは積極的に取るようにしましょう。
辛い食べ物は髪によくないのは本当ですか?
→辛いものを食べると髪が薄くなるなどの噂を耳にすることがありますが、髪への影響は全くありません。トウガラシに含まれるカプサイシンは血行改善の効果があるので、育毛剤に含まれる場合がありますが、食べても髪には影響はありません。

女性のAGAとは?

女性も男性ホルモンがある為、AGAになります。

しかし、男性の場合と異なり、女性の場合はプロペシアを利用することが出来ません。よってプロペシアの処方だけの病院では治療が出来ませんので、AGA治療専門の病院に通う必要があります。

AGA治療の未来を考えてみる

先日ノーベル賞を受賞した「IPS細胞」による頭髪・毛根細胞の再生など、IPS細胞を頭髪に利用する研究・プロジェクトが多く進んでおり話題を集めています。

しかしながら、研究を経て実用化するまでには早くて数十年以上かかると考えられ、最終的に実用化にたどり着かない場合も考えられます。

その為、IPS細胞などの最先端医療に期待はしながらも、現時点ではAGA専門の医療機関で治療をすることが、AGA解決への最短距離といえるでしょう。