1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫AGA治療中の子作りは危険

AGA治療中の子作りは危険

薄毛や抜け毛の原因の多くは男性ホルモンによるものであることが解明され、AGAといわれる「男性型脱毛症」ということで専門的な治療も行われています。AGAはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、それが毛母細胞に入りこむと発毛や育毛という毛母細胞の働きを弱めたりなくしたりしてしまい、ヘアサイクルを乱し、本来なら2年から6年あるはずの成長期が半年から1年という短い期間になってしまいます。

そのため十分成長しない短くて細い毛が抜けることが多くなることがAGAの特徴です。他にもAGAの特徴としては、5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多く存在するためその部分に薄毛が目立ち、後頭部や側頭部はそれほど症状が現れないことです。このようにAGAの原因が判明したため男性ホルモンバランスを調節したり5αリダクターゼの出現を抑えたりして、ジヒドロテストステロンが増えないようにすることや、髪の毛の発毛や育毛を助けるために毛母細胞にまで栄養を十分行きわたらせることが治療の方法となって、専門医ではその治療薬を処方して治療を行っています。

その治療薬というのがプロペシア(フィナステリド)内服薬とミノキシジル外用薬というもので、プロペシア(フィナステリド)は前立腺治療に用いられる男性ホルモンバランスを調節する薬で、ミノキシジルは高血圧などの治療に用いられる血管を拡張する働きがある薬でそれを頭皮に直接付ける外用薬として用いられています。この二つの治療薬を用いてAGA治療を行うのですが、すぐに結果が出るものではないので継続して薬を使うとともに、血液循環をよくするように食生活の改善や適度な運動、禁煙、睡眠など生活習慣を見直したりストレスをためすぎないように注意をして過ごすことが改善への近道となります。

さてAGA治療に用いられるプロペシア(フィナステリド)ですが、これは男性のみが使用することができて女性禁忌となっています。それは女性が使うと大変な副作用が起こる可能性があり、服用はもちろん薬に触れることさえ禁止られています。特に妊婦は要注意で胎児が男の子だと生殖器に異常が見られるような新生児奇形のリスクを否めないので、夫がプロペシア(フィナステリド)を服用していて錠剤を落してしまいそれを拾ったり、割れた錠剤を片づけるようなことがあれば、けい皮吸収で体内に入り胎児に影響を及ぼす危険があるために妊婦の妻がいる場合は特に注意が必要ということと、妊婦でなくても女性が触れるだけで婦人科系の病気を引き起こす可能性があるということなので、「女性禁忌」であることに充分注意が必要です。ただ夫がプロペシア(フィナステリド)を服用中に妻と性交渉を持ったとしても、それを通して女性の体や宿るかもしれない胎児への影響はないのでフィスナステリドを服用していても妊娠は可能です。

このような点に注意をすれば二つの治療薬は日本皮膚科学会でも多くの臨床実験のデータをもとに考慮されたうえで推奨度がAランクに指定され、他のいろいろな成分を試すよりも有効性が高く、男性が使う分には副作用が少ない治療薬であるということで高く評価されて医薬品として扱われているので、専門医の処方のみで入手が可能となっているので、薄毛に悩み始めたら早めにAGAの専門医の診察を受け、有効性のある二つの薬を処方してもらうとよいでしょう。市販のいろいろな育毛剤を試すのもよいのですが、早めに専門医の診察を受けて有効性の高い治療薬で治療することが時間をかけずに改善されることになるので、思い切って診察を受けることが望ましいでしょう。