1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫AGA治療は保険適用外です

AGA治療は保険適用外です

近年、男性の抜け毛や薄毛といった症状はAGAという名称で医学的な見地からの治療アプローチがとられています。こうした抜け毛薄毛の治療は、従来ならば植毛などの健康保険適応外の施術内容などがほとんどを占めており、患者が非常に多いにもかかわらず、高額医療控除を受けることができず、患者の多くは非常に多くの金銭的な負担を背負い込むことになり、抜け毛や薄毛の治療は大きな普及を見せなかったのが現状です。

もちろん、ウィッグのように金銭的な負担の少ない治療行為は広く普及しており、それなりの歴史とノウハウが培われていますが、やはり実際の手術などとなると健康保険が適応されなかったり、医療保険が適応されなかったりなどと多くのデメリットを被ってしまうのが現状です。AGA治療に関しても同じことが言え、厚生労働省の見解としては、現状日本においてはAGA治療に医療保険が適応されることはなくすべて自費での治療となってしまうのが一般的ですが、高額医療費控除などは例外的に認められることがあるので、こうした健康保険法の盲点を突けばAGAの治療費を比較的安価に抑えることが可能です。

まず、もっとも効果的な手段としては、日常生活で行える治療法を実践してみるというもので、とても地味ではありますが治療に頼る側面を減らしてゆくことで、治療の効果をより高めることにもつながります。頭髪にはある程度の周期性があり、ターンオーバーというサイクルがあるので、こうした頭髪の減少のメカニズムを自分で理解しておくということも十分に治療費を安く抑える手段であるといえます。もう一つ、非常に有効な手段としては治療に際して利用するフィナステリド剤、ミノキシジル剤を自分の手によって購入するということで、医師の処方などの手続きや海外で発売されているジェネリック医薬品を自分で率先して利用することによって医療費を低く抑えます。現状、自由診療という形になっているAGAの治療では、一回の診察にかかる費用が非常に高いので、病院に行く回数を単純に減らしてゆくことは大きなコストの削減につながり、特殊な手術などの高額医療を利用しない一般的な治療薬によるアプローチとなると基本的には、病院での治療というよりもカウンセリングなどがほとんどとなるので、これらを省くことにより貴重なフィナステリド剤、ミノキシジル剤をより安価に素早く入手することができます。

しかし、こうしたフィナステリド剤、ミノキシジル剤の個人での購入は幾つかの危険な要素もはらんでおり、個人輸入に関しても慎重な検討が必要なのが現状で、安全性をとるかそれとも医療費のコスト削減をとるかは自己責任という形になってしまいます。AGA治療が保険適応されていない理由としては、美容整形の類と同様に命に関わる医療行為ではないという事があげられ、一般的な治療行為よりも自己責任も面が非常に多いのが現状です。こうしたAGAの治療に個人輸入によって治療薬を輸入するということは、自分の健康への責任範囲を拡大しているということであり、自分で薬のメリットやデメリット、特徴をより詳しく調べ知識を増やすことが非常に重要となります。こうした注意点を守ればAGAの治療は、現状自由診療で健康保険など各種保険適応がなされていませんが、幾つかのちょっとした試みによって医療費を大きく削減することができます。患者のAGAの程度にもよりますが専門のAGA病院だけでなく一般病院を利用することによっても医療費を低くすることができ、こうした多くの選択肢をとりこぼさず、よりお得な方がどちらかを吟味することによってAGAの金銭的な負担を激減させることができます。