1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫AGAの治療期間が一生なのは対処療法で根治しないから

AGAの治療期間が一生なのは対処療法で根治しないから

AGAは抜け毛ホルモンとも呼ばれるDHTの過剰発生により、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛や薄毛が進むことがわかってきたので、早期に正しい対処法をすることで、その症状が改善できることがわかっています。具体的にはプロペシアで抜け毛を抑制して、ミノキシジルで発毛を促す対策がとられますが、実はこれらの方法によって効果が得られたとしても、その地領をやめてしまうとまた元の状態に戻ってしまうといった対処療法に過ぎないので、AGAは根治しないため、その効果を持続するには一生治療を続ける必要があるのです。

AGAの治療期間

AGAの治療期間は一生というと大げさかもしれませんが、プロペシアとミノキシジルを使った治療法はその時だけDHTを抑える対処療法に過ぎず、その後治療をやめるとまた過剰発生して抜け毛のリズムは元に戻ってしまうため、実際に効果を実感してそれを持続したいならこの治療を続けないといけないわけです。

加齢による抜け毛はある程度は仕方ないと諦めるべきかもしれませんが、髪の価値観は人によって異なるので、特に髪に重きを置いている方にとっては加齢による薄毛や抜け毛の進行を許すことができず、それを改善するためにAGA治療をすることになりますが、その治療法は抜け毛のリズムを正常に改善するために対処療法の対処療法に過ぎないので、仮に改善したとしてもその状態を維持するなら、その後継続して治療を続ける必要があるのです。

AGA治療の満足度

AGA治療の満足度がバラバラなのは一旦効果を実感しても、それを維持するには治療の継続が必要である、つまりそれだけ経済的に負担がかかり、しかも薬を飲み続けることによる肝臓や腎臓への負担も考える必要があり、経済面、そして身体面でも不安要素が付きまとうため、最終的に治療をやめざるを得ない選択を迫られるケースが多々あるからです。

毛根が無ければ効果なし

薄毛や抜け毛を改善するために、治療を始めるなら、初めにこの治療法はその時だけ効く対処療法に過ぎないことは理解しておかないと後々大変なことになりますし、それに残念ながら症状がかなり進行して、毛根も残っていないような場合には効果がないことがほとんどなので治療は早めに行うのが鉄則なのです。

AGAの治療期間まとめ

このようにどうしても若々しい頭髪でいたいなら、治療は一生継続する必要があり、そのためのお金、そしてそれに耐えうる肉体が必要になることから、髪に悩む全ての男性が治療を受けられないのが現実ですが、薄毛治療にはかつらや植毛など他の方法もあることは知っておくといいでしょう。また髪がないとモテないとか、老けて見られるなどという価値観をかえることで治療の必要性もなくなります。

AGAの治療期間はその効果を持続したいなら永遠、というのは薬の効果がその時だけだから、そのため経済的余裕がないと治療をできませんし、それに持病をお持ちで他に投薬治療をしている方はそもそも薄毛治療できないこともあるでしょうから、その場合は諦めるしかないというのが現実です。

ただ、薄毛がモテないという価値観は変わりつつあるというか、そもそも髪が薄いとモテないのではなく、モテないのはその人の髪以外の部分、例えば人格とかスタイルとかなどが原因の可能性が高いです。ハゲていてもかっこいい俳優さんやモデルさんも多数いるのはこれを証明しているでしょうから、治療をできないからといって諦めることはなく、むしろ自分磨きをすることで、薄毛でもハゲていても中身が充実することで以前よりもモテるようになる可能性もあるのです。

もちろん全ての人がハゲでもモテるというわけではありませんが、ふさふさな男性が全てモテるわけでもないので、頭髪に関する価値観をかえることも重要かもしれません。