1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫マイクロスコープでの頭皮の観察や遺伝子検査を行うAGAの検査方法

マイクロスコープでの頭皮の観察や遺伝子検査を行うAGAの検査方法

男性の薄毛は額生え際から頭頂部までの部分に集中しているのが特徴で、20歳代の後半から30歳代で発症するケースが多く見られており、日本人の場合は約30%程度と報告されています。

このようなタイプの薄毛は、高確率でAGA(男性型脱毛症)という症状であり、男性ホルモンの一種であるtestosteroneが5α-reductase inhibitorsに変換されて出来るDHTという物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結び付いたことにより、頭皮の皮脂の分泌量が増加してヘアサイクルが狂わされてしまったことで、正常な状態であれば数年間は継続する頭髪の成長が6か月程度にまで短縮されるので抜け毛が増加するという内容です。

ただし、現在ではこの症状に対してフィナステリドという治療薬が誕生しているので、薄毛の進行を防止することが可能となっており、テレビCMでも盛んに宣伝されているように医療機関での治療も本格的に開始しています。

フィナステリドは、DHTの生産にかかわっているⅡ型の5α-reductase inhibitorsの活性阻害剤であり、脱毛症の原因物質の分量を減らすことで結果的に薄毛の進行を防ぐという内容で、頭髪や頭皮に対しての直接的な作用は全くありません。このために、AGA以外の薄毛に対しての効果は発揮されず、特に未成年者や妊娠の可能性のある女性は副作用に見舞われる危険があるので使用すること自体を禁止されています。これは、フィナステリドが生産量を抑制するDHTという物質は男性生殖器の発育をサポートするという役割も担っているので、未成熟な段階で服用すると発育が阻害されてしまう危険があるためで、女性の場合は胎児の生殖器に悪影響が及んでしまうからです。このために、フィナステリドを処方する際にはマイクロスコープによる頭皮の観察や症状のヒアリング、抜け毛の症状診断、AGAドックとも呼ばれるAGA検査キットを用いた遺伝子検査などのAGAの検査を受けるのが適当です。

なお、AGAに関係しているtestosteroneやDHT、5α-reductase inhibitorsなどは全ての男性が保有しているものばかりで、発症するか否かは5α還元酵素の分量や毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性などの遺伝的な要因により左右されると考えられており、母型の血統や兄弟の状態も重要なポイントとなります。つまりAGAの体質を備えているかどうかを症状のヒアリングにより調べるということであり、これは効果的な治療を受けるために非常に重要です。

AGA治療薬のフィナステリドは、2,005年に厚生労働省に承認される前に1年間かけて臨床試験を行っており、実に98%という非常に高い確率で不変以上の効果が有ったことが確認されており、これまでの有効性が確かめられていなかった育毛剤とは明確な違いがあるので、2,010年に日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症診療ガイドラインの中で内服治療における第一選択薬として強く推奨できるという意味のAという評価を受けています。

また、フィナステリド感受性を調べる検査もあるので、良好という結果が出た場合にはかなり治療結果には期待が持てるということになります。

ただし、前述したようにフィナステリドには頭髪や頭皮に対しての作用はないので、AGAが発症してから長い年月が経過している様な場合は、元の状態には戻らない可能性があります。これは、AGAでは過剰になった皮脂の攻撃にさらされた結果、毛根の機能が喪失するまで進行するからであり、発症してから5年から10年程度が回復を見込めるタイムリミットと考えられています。