1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫発毛と育毛の違いを理解しましょう

発毛と育毛の違いを理解しましょう

髪のことで悩む人は男性だけではなく女性にも多く、発毛、育毛という言葉もよく遣われており関連の施術や商品も多く販売されていますが、発毛と育毛の違いがよくわからないという人も少はなく、商品を購入したり、サービスを利用する際もどちらを選んで良いのかわらかなということも少なくありません。良い改善を得るためには、発毛の意味とは育毛の意味とはどういったものなのかをよく理解し、それぞれの悩みに合う方法を選ぶこが大切で、間違った意味で捉えたいたり、商品を選び間違っている場合は良い改善を得ることは難しくなってしまいます。

watch full film Beauty and the Beast online

どちらも同じような意味に取られがちですので、間違った意味で覚えている人も多いですが、どちらも健康な髪の維持を目指すものでありますが、その意味はまったく違いますし、お手入れ法変わってきますので、意味がよくわかっていないという場合はまずはそれぞれの意味や目的を知っておきましょう。

髪を抜けにくくするのが育毛

髪や頭皮のお手入れには市販の商品が選ばれることも多いですが、髪の改善に役立つ商品としては育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、養毛剤などが販売されており、これらはドラッグストアや通販などでも手軽に入手できますので、毎日のお手入れに役立てている人は多いですが、こうした方法は髪を増やすというよりは今ある髪を育てるもので、髪をより太く元気にしたり、抜けにくくするというものとなっていますので、こうしたケアを毎日行っていてもすでに髪がなくなってしまった部分から新たに髪を生やす目的であれば向いていない場合もあります。

髪を生やすのが発毛

すでに髪が生えてこなくなってしまった部分に新たに毛を生やすという方法が発毛ということとなりますので、今ある髪を増やしたい、薄くなった部分に生やしたいという場合はそうしたケアを行う必要があります。髪の健康を維持したり、脱毛予防を行うヘアケア、頭皮ケアが育毛ということとなり、毛母細胞を活性化させるなどで新たに髪を生やしていく、毛髪の密度を上げていくという方法が発毛となりますので、その違いをよく理解し、それぞれの目的に合うお手入れ法を選んでいきましょう。

育毛と発毛の違いまとめ

まだ薄毛があまり進行していない、特に今は抜け毛などに悩んでいないが将来のために予防をしておきたいという場合はまずは育毛対策を行うこととなり、こうした場合は自宅で行えるケアが中心となりますので毎日根気よいお手入れを続けていきましょう。頭皮ケアとしては、育毛剤、養毛剤で血行を促進させる、保湿を行う、栄養素を補給するなどが手軽な方法で、さらにマッサージなどを行うとより浸透も良くなりますし、血行も改善されますので、食事やサプリメントで取った栄養素もよりしっかりと毛根に届くようになります。

これに対して発毛は髪がない部分に生やすことを目的としていますので、自宅でのお手入れだけでは改善は難しいものとなっており、専門の発毛サロンを利用したり、医療機関での薄毛治療を選ぶことが多くなっています。

発毛サロンは医療機関とは違いますので、医療行為は行われておらず専門の技術や知識を持つスタッフがカウンセリングでそれぞれの髪や頭皮の状態を確認し、シャンプー、マッサージ、専用の機器を利用した頭皮ケアなどを行い、普段のお手入れなども指導しながら回復を目指していくこととなりますし、医療機関では医療の知識、技術を利用して髪の回復を目指していきます。

よく選ばれている治療では飲み薬や塗り薬を利用した治療があり、こちらは自宅でのケアが中心です。こうした方法で改善が難しいという場合HARG療法や育毛メソセラピーなどのより高度な施術も行われ、頭皮に直接、成長因子や髪の成長に役立つ成分を注入することとなります。