1. 薄毛治療TOP
  2. aga基礎知識
  3. ≫AGA改善のための女性ホルモン摂取による性欲減退や勃起力喪失について

AGA改善のための女性ホルモン摂取による性欲減退や勃起力喪失について

AGAは男性型の薄毛の事を言ますが、男性ホルモンであるテストステロンの影響によって毛髪が毛周期に合わせずに髪の毛の成長を止めてしまう事によって髪の毛が細い状態になってしまうだけでなく、その段階で抜け落ちてしまうというのがAGAのメカニズムとなっています。

ここで問題となるのはテストステロンですが、これは主に男性に多く分泌される性ホルモンの一つの事を言い、男性の体つきを男らしくし、髭や体毛の成長を促す効果が期待できる物となっているので、人間にとっては必要な性ホルモンとも言えます。Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

ただテストステロン自体は変化し、そこからジヒドロテストステロン(DHT)へとなり、その結果発毛や育毛を阻害してしまうので、充分注意しておかなければいけません。

ただこうして見てみるとテストステロンが悪影響だという事であれば、女性ホルモンの摂取を行えばAGAに関しては改善されるのではないかと考えてエストロゲンを摂取する事を考える人も出てくるでしょうし、またエストロゲン類似作用が期待出来るイソフラボンを摂取すれば良いと考える人も出て来ます。

実際に女性の薄毛と男性のAGAのメカニズムが同じではないというのは女性ホルモンの影響も多々あるので、女性ホルモンの摂取は一見薄毛改善にも効果が期待できる方法なのではないかと言いう事を考える事も可能です。
とはいっても、実際には女性ホルモンを摂取してもそれ程変化が期待出来ず、却って性欲減退や勃起力喪失が起き、それ程摂取するメリットがないと感じている人も実際には存在していますが、女性ホルモンの摂取が薄毛改善に効果が低い理由とは、一体どういう事なのでしょうか。

確かに女性ホルモンは男性ホルモンとは違って髪の毛を増やす効果を期待する事が出来るのですが、実際にはエストロゲンは取扱がとても難しい物質で、簡単に摂取する事は出来ず、副作用を心配しなければいけない物となっています。
薄毛改善を期待して摂取したとしても、結果的には声が高くなったり体毛が薄くなったり、さらに体のラインも女性的になったり、勿論性欲減退や勃起力喪失という事も起きてしまい、薄毛改善効果よりも女性的な体に変化していく作用の方が強く出てしまう事も少なくありません。

また人によっては鬱症状なども起きてしまう事もあるので、エストロゲン自体を安易に利用するという事はとても危険であるため、実際には類似物質であるイソフラボンを含んでいる大豆製品を利用するというのが一般的となっています。

そうする事によって体内で薄毛を促進してしまう作用があるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを阻害する事が出来る様になるので、抜け毛自体を減らす効果も期待出来るだけでなく、副作用に関してもそれ程過剰に心配する必要がありません。

従って、薄毛を改善したいという場合はホルモンに着目してエストロゲンを摂取してしまうと体の女性化が進み性欲減退や勃起力喪失につながってしまう可能性があるので、イソフラボンを摂取するようにします。
また抑々AGAのメカニズムから考えるとジヒドロテストステロン(DHT)が作用しなければ良いという事になるので、薄毛を改善する効果が期待できる医薬品を利用する方が、ホルモンのバランスを崩す事もなく改善する事が出来たい出来る方法となっているので、女性ホルモンによる副作用を心配する必要もなくなります。

一見女性ホルモンの摂取はAGAの改善にとても効果的だという事だけでなく、とても簡単で便利な方法にも見えるかもしれませんが、実際にはそうではなく体にも負担がかかり、性欲減退や勃起力喪失という副作用も起きやすくなる方法だという事を知っておかなければいけません。