1. 薄毛治療TOP
  2. ≫aga基礎知識

aga基礎知識

男性に現れるAGAの症状とは

AGA 男性症状

AGA(男性型脱毛症)は、前頭部や頭頂部を中心にして脱毛が起こる病気で、女性にも男性ホルモンが女性ホルモンに比べて相対的に多くなることで起こる症状がありますが、ほとんどは男性ホルモンが多い男性特有の病気だと言われています。後頭部や側頭部がに症状が出ない理由は、ここには男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)のレセプター(受容体)が存在しないからと言われています。

AGAクリニックの選び方

テレビのコマーシャルなどでも盛んに宣伝されている様に、医療機関での薄毛治療が本格的にスタートしており、特に男性の薄毛の大部分を占めているAGA(男性型脱毛症)という症状については、高確率で進行を防ぐプロペシアという内服薬が開発されているので、かなりの期待を持てる状況となっています。

マイクロスコープでの頭皮の観察や遺伝子検査を行うAGAの検査方法

男性の薄毛は額生え際から頭頂部までの部分に集中しているのが特徴で、20歳代の後半から30歳代で発症するケースが多く見られており、日本人の場合は約30%程度と報告されています。 このようなタイプの薄毛は、高確率でAGA(男性型脱毛症)という症状であり、男性ホルモンの一種であるtestosteroneが5α-reductase inhibitorsに変換されて出来るDHTという物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結び付いたことにより、頭皮の皮脂の分泌量が増加してヘアサイクルが狂わされてしまったことで、正常な状態であれば数年間は継続する頭髪の成長が6か月程度にまで短縮されるので抜け毛が増加するという内容です。

AGAの治療期間が一生なのは対処療法で根治しないから

AGAの治療期間

AGAは抜け毛ホルモンとも呼ばれるDHTの過剰発生により、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛や薄毛が進むことがわかってきたので、早期に正しい対処法をすることで、その症状が改善できることがわかっています。具体的にはプロペシアで抜け毛を抑制して、ミノキシジルで発毛を促す対策がとられますが、実はこれらの方法によって効果が得られたとしても、その地領をやめてしまうとまた元の状態に戻ってしまうといった対処療法に過ぎないので、AGAは根治しないため、その効果を持続するには一生治療を続ける必要があるのです。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語であり、男性型脱毛症のことです。髪が徐々に細くなり、抜け毛が増え、症状が進行すると頭皮が露わになっていきます。男性に限らず女性にも起こりうる症状で、女性の場合はFAGA(女子男性型脱毛症)と呼ばれており、AGAとは区別されます。

発毛と育毛の違いを理解しましょう

髪のことで悩む人は男性だけではなく女性にも多く、発毛、育毛という言葉もよく遣われており関連の施術や商品も多く販売されていますが、発毛と育毛の違いがよくわからないという人も少はなく、商品を購入したり、サービスを利用する際もどちらを選んで良いのかわらかなということも少なくありません。良い改善を得るためには、発毛の意味とは育毛の意味とはどういったものなのかをよく理解し、それぞれの悩みに合う方法を選ぶこが大切で、間違った意味で捉えたいたり、商品を選び間違っている場合は良い改善を得ることは難しくなってしまいます。

薄毛や脱毛などの男性のQOL疾患にストレスを感じる人に最適な日本皮膚科学会が監修する男性型脱毛症診療ガイドライン

男性のQOL疾患とは、生命に直接影響はなくても、生活の質を著しく低下させている男性特有の疾患のことをいい、その男性のQOL疾患のなかでも、その疾患の状況を日常的に自覚している割合の上位に、薄毛があることが調査で判明しています。 そして、薄毛と感じている人は、年代が高くなるほど増加する傾向ですが、それを気にしている割合は、若い世代ほど高くなっていて、薄毛を自覚している人の4割が薄毛であることにストレスを感じ、40代以上より、30代のほうがストレスを感じる傾向となっています。

AGA治療中の子作りは危険

薄毛や抜け毛の原因の多くは男性ホルモンによるものであることが解明され、AGAといわれる「男性型脱毛症」ということで専門的な治療も行われています。AGAはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、それが毛母細胞に入りこむと発毛や育毛という毛母細胞の働きを弱めたりなくしたりしてしまい、ヘアサイクルを乱し、本来なら2年から6年あるはずの成長期が半年から1年という短い期間になってしまいます。

AGA治療は保険適用外です

近年、男性の抜け毛や薄毛といった症状はAGAという名称で医学的な見地からの治療アプローチがとられています。こうした抜け毛薄毛の治療は、従来ならば植毛などの健康保険適応外の施術内容などがほとんどを占めており、患者が非常に多いにもかかわらず、高額医療控除を受けることができず、患者の多くは非常に多くの金銭的な負担を背負い込むことになり、抜け毛や薄毛の治療は大きな普及を見せなかったのが現状です。