1. 薄毛治療TOP
  2. agaの原因
  3. ≫X遺伝子の中に母方の家系のハゲ遺伝子が受け継がれることによってAGAは遺伝する

X遺伝子の中に母方の家系のハゲ遺伝子が受け継がれることによってAGAは遺伝する

男性にとって薄毛に見舞われるのは大変な気苦労を余儀なくされるもので、仕事上でも相手の目線が気になって、引っ込み思案になってしまったり、また好意を寄せている異性などにアタックする際にも自分の外見に引け目を感じてしまい、なかなか思い切った行動に出られない状態に落ちってしまうことも多いでしょう。

以前はハゲは運命的なものとして発症したら諦めて受け入れるという人が多かったものですが、最近では科学的な解明も進み、適切な処置を施すことによってハゲも治療できるようになってきており、とりわけ男性型脱毛症、すなわちAGAと呼ばれる病気を原因とするハゲに関してはその発症のプロセス、および何がきっかけとなってAGAが起こるのかと言った背景も徐々に解明されつつあります。

中でも薄毛治療の最先端の研究で大きなニュースとなったのがドイツ・ボン大学の研究成果として発表された事柄です。アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスというアメリカの研究雑誌に掲載された内容によると、彼らはハゲは遺伝するという事実を研究成果から導き出しており、特に母方の祖父からの隔世遺伝が及ぼす影響などに関して新たな発見をもたらしてくれています。

彼らは薄毛を発症している人を被験者として家系の血液分析を実施したところ、そこにアンドロゲンレセプターと呼ばれる受容体遺伝子に変異があることを発見し、これがハゲをもたらすAGAの原因と成り得るのではないかと調査を続けてきました。ここでまず理解しておきたいのは、遺伝の要素は2つということで人間はXとYの遺伝子の組み合わせによって親から子供へと遺伝子情報を引き継いでいます。この時、生まれてくる子が男の子であればそこにはXYという染色体の組み合わせとなり、女の子であればXXという組み合わせになり、この違いが性別の違いを生み出すと言っても過言ではありません。

この時、男の子が持つXY遺伝子は、Yを父親から受け継ぎ、Xを母親から受け継いだものであり、ドイツ・ボン大学の研究チームの取り組みはこの母親から受け継いだX遺伝子の内部にアンドロゲンレセプターの異常を見つけ出しました。これらは女性の身体の中ではAGAとなって悪さを働くことはありませんが、これがひとたび男性ホルモンの影響下にある男性の身体に入り込むとハゲの原因として活動を始めていまいます。

もともとAGAによるハゲは、男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応しあってDHTという物質を作りだし、これらを毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターが感知することによって、すぐに頭髪に対して成長を止めて退行期へと移行するように指示を出し、この指令の制御下では毛乳頭が毛細血管から栄養分を補充して頭髪へと届けることも不可能となるため、次第に頭髪は栄養不足に陥り、最終的にはそのまま毛穴から抜け落ちていくことになるのです。

どうしてこのようなことが起こるのかという答えを持つのが、このアンドロゲンレセプターの働きであり、遺伝によってX遺伝子の中にこの異常を持ち合わせている人のアンドロゲンレセプターは極めて過剰な反応を引き起こして、通常の人はなんとも感じないレベルであっても、ほんのわずかのDHTを感知するだけですぐに頭髪の成長を妨げるほどの作用を及ぼしてしまうのです。

そのため、これらのドイツ・ボン大学の研究チームがアメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスに発表した内容を参考にすると、自分が将来的にハゲるかどうかを知る一つの手がかりとしては母方の兄弟や祖父の状態を確認するということが挙げられ、彼らが揃ってハゲに見舞われているとしたら、遺伝子情報は確実にX遺伝子によって受け継がれていますので、できるだけ早期にハゲ対策を施すことが求められるでしょう。

また、ここに挙げた研究結果以外にもハゲが遺伝する要素があるとみられており、ハゲ遺伝子によって頭皮の酵素の働きが強くなったりすることで男性ホルモンと相まってDHTを分泌しやすくなるというケースもあるので注意が必要です。