1. 薄毛治療TOP
  2. agaの原因
  3. ≫アンドロゲンレセプターの感受性遺伝子検査では、CAGリピートとGGCリピートの合計数でAGA発症リスクが判明します

アンドロゲンレセプターの感受性遺伝子検査では、CAGリピートとGGCリピートの合計数でAGA発症リスクが判明します

毛根に存在するアンドロゲンレセプターは、男性ホルモンの変異物質のジヒドロテストステロンと結合することで毛髪のサイクルを狂わせてしまって薄毛を発症しますが、そのようなアンドロゲンレセプターの影響の受けやすさが薄毛の進行のし易さの大きな指標ともなっています。

それは、アンドロゲンレセプターは、体内で男性ホルモンの情報を受け取り、細胞内で利用できるように変換するいわば装置のような位置づけで、この装置の感受性が高く、敏感であるほど男性ホルモンの影響を受けやすく薄毛になりやすいといえます。

そのため、この装置の感受性が高いのか低いのかを調べるために、アンドロゲンレセプター遺伝子検査が行なわれますが、この遺伝子検査では、 薄毛になり易い体質かどうかが判るので、将来のAGA発症リスクや薄毛の発症、進行の可能性を知ることができます。

また、検査によって、薄毛治療薬であるフィナステリド感受性の効果予測もできるため、この薬が効きやすいのかどうかを調べることもできます。

そして、アンドロゲンレセプターの感受性は、性染色体のX遺伝子に存在しますが、男性では父方のY遺伝子と母方のX遺伝子を受け継ぐため、母方の家系のみの遺伝子を受け継ぐようになりますが、女性の場合には、父方からのX遺伝子と母方のX遺伝子を受け継ぐこととなるため、父母のどちらの家系からも遺伝子を受け継ぐ形となります。

このようなアンドロゲンレセプターの感受性の遺伝子は、アンドロゲン受容体の男性ホルモンに対する感受性に関与して、AGAの発症リスクや、フィナステリド感受性に影響を与えることが判明しています。
なお、アンドロゲンレセプター遺伝子検査とは、注射をして血液を採血して調べますが、より簡易なものでは自宅でできる 安価なAGA遺伝子検査専門キットがあり、頬の内側の粘膜を採取して調べるようになりますが、精度はクリニックの採血の方が正確と言えます。

そして、遺伝子のデオキシリボ核酸であるDNAの検査では、2本の規則正しい鎖のらせん状の構造になっていることから、二重らせん構造と呼ばれていますが、そのらせん構造に付いている、アデニン、チミン、グアニン、シトニンの4種類の塩基配列によりDNAが構成されています。

また、DNAは、ランダムに並んでいますが、同じように繰り返している部分があり、C-A-G-C-A-G-C-A-G というようなCAGを繰り返す部分をCAGリピートと呼び、G-G-C-G-G-C-G-G-C とGGCを繰り返している部分をGGCリピートと呼んでいますが、このCAGリピート数とGGCリピート数が大きいか小さいか、繰り返しが長いか短いかによって、AGA発症リスクが判明し、さらに、CAG単独リピート数により、フィナステリド感受性が判定できます。

そして、CAG、GGCの繰り返しが少ないとAR蛋白の合成率が高くなって、細胞内のAR分子が多く産生され、アンドロゲンの受け入れが多くなってしまうことから作用を受けやすく、薄毛やAGAが進行しやすくなると考えられています。
そのため、CAGリピート率が23以下では、フィナステリドの効き目が出やすいタイプとされ、24、25、26は効き目が標準的で、27以上では効き目の効果が出にくいタイプとなっていることが統計学的にわかってきていますが、これは、遺伝によるAGA発症リスクが高くても、薄毛治療薬であるフィナステリド感受性の効き目が出やすいということになります。

このようなアンドロゲンレセプターの感受性検査は、あくまで、AGAの発症リスクがあるかないかという遺伝的要素のみを調べる検査なので、実際には、将来のAGA発現の有無は別のものと考えたほうが良いともいえますが、他の検査を組み合わせてAGA発症リスクなどの将来の不透明なリスクや、薬の効きやすさなどを知ることによって、効率の良い発毛治療に進めたり、不要な治療の排除をすることができるようになるともいえます。