1. 薄毛治療TOP
  2. agaの原因
  3. ≫原因なんてあるの?AGAの原因と発症メカニズム

原因なんてあるの?AGAの原因と発症メカニズム

男性にとって薄毛の発症とは精神的にもとても辛いものであり、外見的にも大きく様変わりしてしまうその姿は鏡の中の自分を見つめるたびに大きなストレスとなって更なる抜け毛をもたらすこともありますし、または仕事やプライベートの面でどこか引っ込み思案になったり、相手の目線が気になったりと内面的にも変化が生じることもあります。このような状態から早く抜け出す意味でも、まずは薄毛をもたらした根本的な原因を見つめるとともに、それが判明したならば適切なケアや処置、あるいは治療を行うことによって状況を改善していくのが得策であり、そのためにも医療機関を使って一度、専門的な薄毛治療をしっかりと受けてみることも有効と言えるでしょう。

その中で薄毛の原因として特に注目を集めているのがAGAなのですが、この病気は最近の薄毛患者における多くの割合の人々を苦しめていると言っても過言ではなく、そのAGAの原因としては隔世遺伝が挙げられます。これは母方の血筋における遺伝子が引き起こしているケースも多く、男性はXとYの2種類の染色体を持っていますがその中のXは母親から受け継がれることになっており、これが男性ホルモンと反応することによってAGAは本格的に発動していきます。そのため母親は男性ホルモンの影響から免れていたとしても、その兄弟や祖父にはしっかりとその影響が現れているはずで、そう言った母方の親族の頭髪状況を見ると自分が発症するリスクがある程度わかるといわれます。

それではAGAの発症メカニズムとしてはどのようになっているのでしょうか。まずは精巣で作り出された男性ホルモンが身体の内部を巡る中で頭皮にある5α還元酵素と出会い反応しあうことによってジヒドロテストステロン(DHT)という物質を作りだし、これを頭髪の根元部分に位置する毛乳頭の内部にあるアンドロゲン受容体が感知するとすぐに反応が始まり、毛母細胞に対して頭髪の成長を司る細胞分裂をストップさせて成長期から退行期、そして休止期へと移行するように指令を出します。こうすることによって、これまで極めて健康的で細胞分裂によってどんどん成長を続けていた頭髪は急に勢いを失い、毛周期(ヘアサイクル)が乱れ始め、その過程では毛乳頭からしっかりと影響分が補充されて送りこまれてくる流れも滞ってしまうことから、あとは栄養不足に陥ってそのまま毛穴から抜け落ちていくしか術がなくなってしまいます。

この時、先の隔世遺伝によって受け継がれている染色体によってアンドロゲン受容体の機能が強化され、そのため男性ホルモンと5α還元酵素の反応によって作り出されたジヒドロテストステロン(DHT)に対して過剰に反応するようになり、これまでは順調に成長していた状態だったとしても、一度このAGAを発症するとすぐに頭髪のコンディションを狂わせるメカニズムを引き起こしてしまうようになるのです。この時、アンドロゲン受容体は毛母細胞に対して細胞分裂を抑えるように指令を出すのと同時に、毛乳頭自体にも頭皮の毛細血管から栄養分を補給するのを控えるように指令を出します。そもそも頭皮の毛細血管には身体に摂取された栄養分などから抽出した栄養分が血液に乗せて多数循環していますので、頭髪の成長を維持するにはここから継続的に栄養分をきちんと吸収するのが不可欠なのですが、AGAに陥るとそれがままならなくなり、あとは抜け落ちていくのを待つだけの頭髪に対しては栄養分が供給されなくなってしまうのです。

AGAの発症メカニズムはこのような流れとなっており、クリニックでは触診や問診、さらに精密検査などを行うことでAGAか否かを特定した上で、まずは飲み薬によって5α還元酵素の働きを抑え、これによってジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量も抑制することによって頭髪の毛周期(ヘアサイクル)を正常化させ、なおかつ塗り薬によって頭皮の毛細血管を拡張し、血流の量を増加させることによって頭髪の成長に必要な栄養分が過不足なく補充されるように環境を整えていきます。こうした治療によって元の健康的な頭髪を取り戻すことができるでしょう。