1. 薄毛治療TOP
  2. ≫agaの原因

agaの原因

ストレスによるハゲとAGA対策法

人によっては普段の生活上で大きなストレスを感じ取ってしまうことがあり、家庭内でのトラブルを抱えてしまっている方や、仕事上でのストレスを強く感じている方も多くいます。一般的には胃痛を感じたりすることも多い内容として知られているのですが、ストレスが強い方の場合では頭髪がハゲてしまう現象が出ることがあり、円形脱毛の状態になることも一般的です。

睡眠不足がハゲの原因になる?

ハゲを引き起こす原因にはさまざまなことがありますが、案外見落とされがちな原因となっているのが「睡眠不足」です。 現代人、特に社会人ともなれば毎日仕事をして帰って来て、少し家事などをするとあっという間に夜中になっているというようなケースが多くそうなってくるとやはり不規則な睡眠時間が続く生活になりやすくなってしまいますし、人によっては毎日2~3時間しか眠ることが出来ずに仕事に行っているという人もいます。

原因なんてあるの?AGAの原因と発症メカニズム

男性にとって薄毛の発症とは精神的にもとても辛いものであり、外見的にも大きく様変わりしてしまうその姿は鏡の中の自分を見つめるたびに大きなストレスとなって更なる抜け毛をもたらすこともありますし、または仕事やプライベートの面でどこか引っ込み思案になったり、相手の目線が気になったりと内面的にも変化が生じることもあります。このような状態から早く抜け出す意味でも、まずは薄毛をもたらした根本的な原因を見つめるとともに、それが判明したならば適切なケアや処置、あるいは治療を行うことによって状況を改善していくのが得策であり、そのためにも医療機関を使って一度、専門的な薄毛治療をしっかりと受けてみることも有効と言えるでしょう。

X遺伝子の中に母方の家系のハゲ遺伝子が受け継がれることによってAGAは遺伝する

男性にとって薄毛に見舞われるのは大変な気苦労を余儀なくされるもので、仕事上でも相手の目線が気になって、引っ込み思案になってしまったり、また好意を寄せている異性などにアタックする際にも自分の外見に引け目を感じてしまい、なかなか思い切った行動に出られない状態に落ちってしまうことも多いでしょう。

アンドロゲンレセプターの感受性遺伝子検査では、CAGリピートとGGCリピートの合計数でAGA発症リスクが判明します

毛根に存在するアンドロゲンレセプターは、男性ホルモンの変異物質のジヒドロテストステロンと結合することで毛髪のサイクルを狂わせてしまって薄毛を発症しますが、そのようなアンドロゲンレセプターの影響の受けやすさが薄毛の進行のし易さの大きな指標ともなっています。 それは、アンドロゲンレセプターは、体内で男性ホルモンの情報を受け取り、細胞内で利用できるように変換するいわば装置のような位置づけで、この装置の感受性が高く、敏感であるほど男性ホルモンの影響を受けやすく薄毛になりやすいといえます。