1. 薄毛治療TOP
  2. 薄毛に関する都市伝説
  3. ≫胸毛が濃いとハゲる理由は何?

胸毛が濃いとハゲる理由は何?

胸毛が濃いと薄毛になりやすいと言ったことを見耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。

体毛が濃い分、頭皮に栄養が行かなくなり薄毛になりやすいと言った事を聞いたことが在る人も多いかと思われますが、胸毛などの体毛が濃くても髪の毛がふさふさの人もいますし、逆に体毛が薄いのに薄毛の症状を持つ人もいるなど、体毛が濃い事で薄毛になりやすいと言うのは都市伝説的な要素を持つとも言えます。

因みに、体毛と髪の毛と言うのは、関与するホルモンが異なり、体毛は男性ホルモン、髪の毛は女性ホルモンが大きく関与しており、男性は体毛が濃く、女性は髪の毛が長いと言うのはホルモンが大きく影響をしているからなのです。

しかしながら、男性でも体毛が薄い人もいますし、女性でも最近は薄毛に悩む人が多くなっているなど、必ずしも薄毛というものが男性ホルモンや女性ホルモンに関与しているとは言えません。

これはホルモン量や酵素、働く力といったものに個人差が在り、体毛が濃いから薄毛になると言う事ではないわけですが、ではなぜ?ハゲるのか?原因はどのような事なのかと言う事になるわけですが、男性型脱毛症は主に男性の薄毛ではありますが、これと同じ原理で女性も薄くなることが在ります。

これは女性男性型脱毛症と呼ばれている薄毛で、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンと体内で働く還元酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに変換され、ヘアサイクルを乱すことでハゲると言ったメカニズムが在り、男性型脱毛症は通称AGAと呼ばれていますが、女性の場合はFAGAと呼ばれている薄毛で在り、どちらも同じようなメカニズムで薄くなるのが特徴です。

因みに、AGAと言うのは何もせずにそのまま放置していると、全ての髪の毛が抜けてしまう恐れがあると言いますが、女性の場合は男性とは違って女性ホルモンの分泌量が多いため、男性のようにすべての髪の毛が抜けてしまう事はありません。
しかし、髪の毛が薄くなることで、このまま薄くなってしまうのではないだろうかと言った恐怖心を抱くようになり、これがストレスとなってしまい、薄毛の症状が進行してしまうケースも在ります。

尚、薄毛の症状を持つ人は胸毛などの体毛が必ず濃いのかと言うとそうではありませんし、体毛が薄い場合でも髪の毛が薄い人も多くいるわけですが、薄毛の症状を持つ人というのは、女性ホルモンよりもテストステロンなどのホルモンの分泌量が多く、テストステロンに反応する還元酵素というものが多く存在しているのが特徴です。

AGAの症状は遺伝子の影響を受けてテストステロンと体内の酵素が結びつく性質が在るわけですが、酵素の量が多い事で結びつく可能性も多くなり、結果的に薄毛が生じてしまう事になります。

因みに、テストステロンと体内酵素が結びつく事でテストステロンは強制脱毛ホルモンと呼ばれているジヒドロテストステロンに変換されますが、ジヒドロテストステロンは通称DHTと呼ばれるホルモンであり、DHTはヘアサイクルを乱す性質が在り、通常成長期のサイクルが3年から5年と言われているものが、僅か3か月ほどのサイクルに縮小させてしまい、髪の毛が長く太く伸びる前に脱毛を促す指令を送り出すため、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまい、ハゲると言ったメカニズムになります。

そのため、AGAの治療はDHTに変換する要因を作り出す体内酵素でもある5α-還元酵素を阻害させて、テストステロンがDHTに変換されない治療を行うのですが、薄毛の症状が起きやすい体質の人と言うのは男性ホルモンの分泌量を下げる事で薄毛の症状を抑制させることが出来ると言われていますし、過剰なストレスなどを抱えない工夫が大切です。