1. 薄毛治療TOP
  2. 薄毛に関する都市伝説
  3. ≫朝シャンと抜け毛の関係

朝シャンと抜け毛の関係

夜にシャンプーをする人と朝にシャンプーをする人がいますが、朝シャンは眠気が無くなり一日をスッキリ過ごせる、寝癖も無くすことができ良いことだと思っている人も多いと思いますが、朝シャンはさまざまなデメリットがあることを知っているでしょうか。朝シャンを行なう人はすぐに夜に切り替えることをおすすめします。

なぜ?と思う人もいるでしょうが理由はさまざまなことがあげられるとされており、髪の毛が成長するのは夜22〜2時の間だとされており、夜にシャンプーをしないと頭皮に汚れが詰まった状態のままになっているということになります。そのため、髪の毛の成長の妨げになってしまう上に汚れが残ったままの状態で眠ってしまうと、雑菌やダニが繁殖し、繁殖してしまうと頭皮のニオイや皮膚トラブルを起こしてしまいます。皮脂膜も紫外線を浴びることで酸化して「過酸化脂質」へと変わってしまうことで環境悪化を招いてかゆみや抜け毛、男性ならハゲやすい環境を自分から作ってしまっているということになるのです。

汚れたままで寝るとさまざまなダメージとなってしまいますが、朝に行なうこともよりダメージを重ねてしまうことに繋がります。朝は毛穴が開いた状態になっており、朝にシャンプーを行なうということはこの開いた毛穴にダメージを与えることに繋がり、これも抜け毛や薄毛に繋がっていきます。毛穴が開いている状態ですと、毛穴にシャンプーが残ってしまいやすくなりそれが毛根にダメージを与え、健康な髪が生える妨げになってしまい細毛となってしまうことも考えられるほか、皮脂も洗い流された状態になり皮膚を守るための皮脂膜を形成するのには6〜24時間かかるとされており、その間に頭皮は無防備な状態になり、皮膚や毛髪を紫外線やホコリから守れなくなってしまうということになってしまいます。

また、朝は時間がないためじっくり髪を洗うということもできないため、急いでシャンプーを落としてすすぎ残しがあるということも良くあり、その状態に皮脂や汗が加わるとダニや雑菌が繁殖しやすくなってしまい、乾かす時間がなく濡れた髪のまま出かけてしまうと髪に必要な水分も抜けてしまい髪の毛の傷みに繋がってしまうことなども上げられるのです。

髪の毛は夜に育つことを考えて、健康的で傷みが少なく薄毛を予防するためには夜の方が重要となることを理解して頂けたでしょうか。

髪の毛が健康な状態で育つためには、ゴールデンタイムといわれる夜22〜2時に睡眠をとることがベストで、当然頭皮環境も良くなければ健康な髪の毛は育たないため、しっかりシャンプーを行い汚れを落として雑菌やダニが繁殖しないように乾かした状態であることが、良い環境で髪の毛に栄養が送り出しやすくなっている状態になります。

髪の毛を育てるためには、過度なダイエットや偏った食事などを止めてきちんと髪にも栄養が送られるように良質なタンパク質やビタミン、ミネラル類などをバランスよく摂っていき、頭皮環境を悪くしてしまう脂質や糖質などを多く含む食事は避けて、血管を収縮させて血行を悪くしてしまうタバコを止める、栄養を送れなくなってしまう過度なアルコールの摂取は控えるようにする、強く引っ張るような髪型は止めて皮膚に負担をかけないようにするなどの対策をとることができます。download full film Logan 2017

また、保湿や血行を良くすることも大切で皮膚に負担をかけない低刺激のアミノ系シャンプーを使用したり、ごま油やオリーブオイルなどのオイルを使ってマッサージをすることなども血行を良くするためには有効なほか、パーマやカラーリングなどの薬剤の使用を見直す、間違ったヘアケアを止めるなども抜け毛を防ぐためには大切です。