1. 薄毛治療TOP
  2. 薄毛に関する都市伝説
  3. ≫喫煙者のハゲはなぜ

喫煙者のハゲはなぜ

喫煙者のハゲ/なぜ?と不思議に思うかもしれませんが、タバコの煙に含まれているニコチンが大きな原因となっていて、体内を巡る毛細血管を収縮させることにつなげているからです。

タバコにはニコチンが含まれていることは知られるところですが、ニコチンは吸い込むと脈拍を早めて心拍数を上げてしまいますし、体内の血管の収縮を招きますから、体の中では順調に流れていた血流がニコチンによって、血液が末梢神経まで行き渡らない事態が勃発します。

タバコを吸うことで血液の流れが悪くなのは体だけではなく、頭皮の血行も悪くなってしまうため、成長に必要な栄養素は毛乳頭細胞へは行き渡らなくなりますし、栄養素がなければ植物でもそうですが、頭皮からの栄養をここと街にしている毛髪は、成長ができるわけはありません。

栄養素が毛乳頭細胞に届かない状態が続くことで、毛細胞の働きは失われていきますから、髪の毛は成長ができない状態になります。栄養素がなくなれば髪の毛にとっては、生命の危機にも立たされますから、毛髪は成長をしないどころか、抜けていくしかありませんから、毛髪はどんどん少なくなります。

タバコを吸うことでもたらされる、体や毛髪へのマイナスの影響は、余りにも大きすぎるものであり、毛髪をどんどん減らすばかりか、健康という宝物までどんどんなくすことにもつながり、その害は髪の毛と健康だけではなく、周囲の人間にも及びますから、自分のハゲという問題だけでは片付くことではありません。

タバコを習慣的に吸い続ける事によって湯外物質は体内へと入り込み、血液のめぐりはどんどん悪くなります。

ニコチンが体に入ってしまうことで、自律神経は刺激されて、これが血管収縮につながりますし、体の内側での血管収縮が一旦引き起こってしまうと、血圧は急上昇して、その状態はすぐには元に戻ることはありません。

人間の体というのは内側での血圧のアップダウンが激しすぎるのはロクなことがないようにできていて、余りにもアップダウンをするとスムーズに血液は流れなくなって、これが血行不良につながっていき、栄養素や酸素などを届けることさえも妨げてしまう、非常に厄介な側面を持っています。

血液の循環が悪くなるとこで体内では優先順位を考えて栄養を届ける判断を下すようになり、優先順位の高い心臓や内臓器官は最も最優先をされて命を守り、生命機器にはそれほど関わらないパーツは後回しになるために、頭皮や毛髪への栄養素は最も最後ということになります。

タバコに含まれているニコチンは体に侵入していくことで、健康にも必要なビタミン成分を猛烈に破壊するという悪さを働くこととなり、体内で栄養級のために働くビタミンCも、血液の流れを正常に働かせるビタミンEの栄養素も、毛髪環境にマストな環境を与えるために必須のビタミンを、物の見事に崩壊させて失わせるために、頭皮の健康や毛髪の成長にも必須な栄養素を失わせて、ビタミン不足の状態にもさせてしまうのです。

タバコの害を意識してタバコを控えめにしている人の中にも問題があり、タバコをセーブしている場合は急に少ないタバコの数による、メンタル的なストレスが猛烈にのしかかるために、長く吸い続けてきたニコチン切れが起こって、生活の中ではイライラしてしまい、これが巨大なストレスになって毛髪が抜けやすくなって、結果的にハゲでいくという悲しいパターンを引き起こることもあるために、長くタバコを吸い続けた人ほどニコチン不足には気をつける必要はありますし、ニコチン不足はビタミンを壊していた原因ですから、ビタミンが足りずにストレスでイライラすることもありますし、髪の毛もハゲていきます。