1. 薄毛治療TOP
  2. 薄毛に関する都市伝説
  3. ≫ワカメは薄毛対策の効果は低い?

ワカメは薄毛対策の効果は低い?

薄毛対策の中によくある候補として、ワカメをはじめとしたヒジキ・もずくなど海藻類を食べると発毛・育毛に良いという話は、よく聞いたことがあると思います。しかし薄毛対策としてのその効果は実はさほど高くなく、「ワカメがハゲ対策の食べ物」という説は都市伝説に近いものなのです。

watch full Rings 2017 film online

一体なぜ?とお思いの方も多いでしょうが、海草類にはミネラル成分が含まれており、それ自体は毛髪の育成に関しては欠かせない要素ではあるものの、ワカメ自体から摂取できるミネラル分はたかが知れており、頭皮への供給に回る分もごくわずかとなっており、海草類の摂取による薄毛対策の効果としては低いと言えます。

食物に関して言えばこれら海草類にこだわるのではなく、毎日3食しっかりと食事をとり、また特に毛髪生成に必要な「タンパク質」や「ビタミン」、「亜鉛」を中心とした、栄養バランスのとれた食事をきちんと摂取することが非常に大切となります。特に髪の毛自体の主成分はタンパク質であるため、その補給は不可欠となります。しかしここでも海草類は活躍ができず、タンパク質は他の食品に比べて少なく、発毛・育毛に関して目立った効果が見られません。タンパク質を多く含むものを摂取するように心がけましょう。髪の主成分のタンパク質を多く含むのは肉 ・魚・卵・大豆などの豆食品などであり、そのタンパク質を髪に生成する為に必要であるのがヨウ素やビタミンとなっており、また緑黄色野菜や柑橘類などは血行を良くして抜け毛を予防し、長いもや納豆などのコラーゲンに富んだ食材は髪の毛にハリや艶を与えてくれて、髪の毛を健康な状態に保ちます。

しかし、ここ最近の研究で新たな事実が判明しており、薄毛対策となりうる海草類の表面に見られる特有の「ヌルヌル」成分である「フコダイン」という成分がワカメに含まれている、ということが明らかになっています。その海藻のヌルヌルの元であるフコダインは、体内に摂取することによって「海藻ペプチド」という成分に変化、「海藻ペプチド」は知覚神経を刺激し、「IGF-Ⅰ」という物質を生み出し、そこからIGF-Ⅰが毛根にある毛母細胞が活発に働いて髪の生成を促すため、海藻=発毛効果のある食材と改めて評価されることとなりました。ここで出てくるIGF-Ⅰは海藻の他に、唐辛子(カプサイシン)や大豆(イソフラボン)を摂取しても得ることができるため、こういった食材を用いた麻婆豆腐などの中華料理や韓国料理、大豆を用いた納豆や豆腐やおからや油揚げなどさまざまな食材を通じて摂取することで、薄毛対策を取ることは可能なのです。

また、育毛対策に対して良い結果が期待できることが分かりましたが、栄養豊富なこの食材である海草類は他の効果も期待でき、例えばビタミン・ミネラルが豊富な食材であるため他の食材と合わせて調理することによって、栄養バランスがいい健康的な食事を取ることができるため、体調を崩しがちな方や栄養バランスが崩れがちな方に良い成果があったり、体調が整い体や頭皮に栄養が行き渡って髪の健康も維持できるためサラサラの髪の毛を求めている方に関しても、ミネラルを補給することによって大きな成果が期待できます。

しかし、過ぎたるはおよばざるがごとし、という言葉があるように、いくら健康にいい食材だからといって海草類を取りすぎると、海藻に多く含まれているヨウ素を過剰摂取するはめになり甲状腺機能へ影響を及ぼしたりと危険が待っているため、発毛を意識しすぎるあまり過剰摂取しないように注意し、栄養をバランスよく取って身体を健康に保ったまま美しく発毛を心がけ、心も身体も健康に育んでいきましょう。