1. 薄毛治療TOP
  2. 自分で出来る抜け毛対策(セルフケア)
  3. ≫育毛剤は生えてきません!正確な臨床データが無い方法の中には経皮吸収率は低い

育毛剤は生えてきません!正確な臨床データが無い方法の中には経皮吸収率は低い

薄毛を改善する方法としては様々な方法が開発研究されており、医学的にも根拠がある方法から民間療法で本当に髪の毛が生えてくるかどうか分からない、もしかしたら効果が全く期待できないのではないかと思う様な物まで多種多様となっています。

勿論その人の体質によってもその効果の出方などは大きく違っており、同じ方法でも人によっては期待する様な効果を感じられる場合もあれば、全く変化を感じない場合、さらに何となく効果が出た様な気がする程度の場合など様々です。

ただ、薄毛を改善する時に知っておくべき事は、製品によっては誇大広告が多いため、薄毛の改善方法として医師は育毛剤を勧めないという事です。

勿論、育毛剤の中にも効果があると言われている物もありますが、現時点ではリアップのみ発毛効果が期待できるという事になっており、他の育毛剤の利用に関しては効果が期待できるというよりは、あくまで気休め程度の結果しか得られないという事も少なくありません。

現在販売されている育毛剤の多くは、経皮吸収率は低い物となっているため、頭皮にどれだけ塗布したとしてもそれ程期待している様な効果が期待出来ない場合は少なくありません。

その為、3か月から半年程利用した結果髪の毛がふさふさになったという様な広告を見る事もあるでしょうが、それを根拠づける正確な臨床データが無いだけでなく、時には誇大広告が多く実際に利用したとしてもほぼ発毛効果は無いという製品も決して珍しくなく、本当にあくまで気休めと言う事も多々あるのです。

育毛剤自体はとても簡単に利用する事が出来るだけでなく、医薬品の様に体内に取り入れる事も無いので副作用などを心配する必要もありませんが、実際には副作用が無ければ効果も無いと言っても過言ではありません。

従って、薄毛を根本的に解決したいのであれば、正確な臨床データが無い育毛剤をいつまでも使い続けて行くのではなく、既に多くの人が利用していて臨床データも揃っている医薬品を利用する方が効果も期待でき、メリットがある方法だという事もできます。

現在、薄毛改善の為に医師が勧めてくる方法の一つは医薬品の利用で、それを利用すると人によっても効果の出るスピードは変わって来ますが、多くの場合は半年程度時間を経過すると頭髪に変化を感じる事が出来る物となっています。ただこの方法はその人の体質によっても違いますが、人によっては吐き気などの副作用を感じる事もあるだけでなく、妊娠中の女性が錠剤に触れてしまうと胎児に影響を与えてしまう事もあるので、充分気を付けて利用する必要がある事も知っておかなければいけません。

勿論医薬品に関しても偽物が存在している可能性があるため、日本国内で入手する場合は病院に行って処方してもらうか、個人的に入手する場合は正規品のみを扱っている信頼できる輸入代行業者を利用して海外医薬品の個人輸入を行う必要があり、そういう点に気を付ける事によって、正確な臨床データが無い育毛剤を気休め程度に利用する時に比べるとはるかに効果的に、そしてはるかに短期間で効果を実感する事が出来るという事も可能です。

ただやはり体の内側から働きかけるだけでなく頭皮からも働きかける方が効果が期待できるのではないかと思う人もいるはずなので、そういう場合は錠剤を毎日服用をしながら育毛剤を利用するという方法もあります。

しかしこの方法に関しては、育毛剤の利用はあくまで気休め程度の効果となる可能性があるという事を予め知った上で利用する事、さらに肌に合わない物を利用した場合はすぐに使用をやめて病院で診察を受けたり、肌トラブルを起こしにくいタイプの物に変える等の工夫が必要となります。