1. 薄毛治療TOP
  2. 自分で出来る抜け毛対策(セルフケア)
  3. ≫汗をかいてAGA予防!運動不足で肥満症の人は皮脂の分泌増加し毛穴の詰まりが起こります

汗をかいてAGA予防!運動不足で肥満症の人は皮脂の分泌増加し毛穴の詰まりが起こります

“薄毛対策のためには、まずはその原因を知ることも大切ですので、普段の生活や食事内容なども見直し、より髪が抜けにくく、育ちやすい環境に整えていくことも検討してみてはいかがでしょうか。まず、髪が抜けやすくなる原因のひつには余計な皮脂があり、皮脂が多すぎると毛穴の詰まりが起こりやすくなり、髪が細くなったり、脂症のべたついたフケが出る、雑菌も繁殖しやすくなるので、頭皮も炎症を起こしやすくなり、頭皮湿疹などもできやすく、頭皮や毛根の状態も悪くなりがちですので、髪が抜けやすくなったり、薄毛の進行をさらに早めてしまうことにつながります。そして、皮脂が多くなる原因についても知っておきたいですが、ホルモンバランスの乱れで皮脂が増えることもありますし、洗いが十分でない、さらに食事が肉類など脂っこいものが多い、さらに運動不足で肥満症という場合も皮脂が出やすくなりますので食事や運動にも気をつけ、体重を適正に保つことも考えていきましょう。

女性に比べて男性は顔や頭皮などが脂っぽい脂性肌の人が多いですが、努力次第では改善が得られますので、食事、運動、普段の髪のお手入れなどを見直し、皮脂の分泌増加を抑えていきましょう。明らかに太っていて、皮脂が多いという場合は、まずはその改善も行っていきたいですが、食事は偏りがなく、栄養のバランスの良いものを用意しておきたいですし、カロリーが適正であるかもチェックして体重も落とす努力を行い、皮脂の分泌を適正にしていきましょう。
そして健康的に痩せるためにはやはり運動も大切ですが、運動を行うとかなりの発汗を得ることもできますので、汗をしっかりとかくことは毛穴の老廃物も汗で流れることにつながりますし、薄毛の進行を進めてしまう原因のひとつには精神的なストレスもありますが、体をしっかり動かし、良い汗をかくことはストレスを発散することにもつながります。

それから髪を薄くしてしまう原因のひとつには血行の悪さもあげられますが、体を適度に動かすことで血液の循環が良くなり、毛母細胞に血液がしっかり流れるようになりますので、食事、サプリメントなどで摂った栄養素もより毛根に届きやすくなり、髪がより育ちやすくなりますし、毛周期(ヘアサイクル)の乱れを整えるのにも役立ちます。

運動は激しすぎるものでは長続きしづらいですし、体に負担をかけてしまうこともありますので、無理のない方法を選びたいところです。無理なく行える運動ではウォーキング、ランニング、さらに自宅で行える筋力トレーニング、ダンスエクササイズ、エアロバイクなど実に多くの種類がありますので、意識して体を動かしてしっかりと汗をかいていきましょう。

そして皮脂の分泌増加を抑えるには洗髪をしっかりと行うことも大事ですので、育毛シャンプーなども利用して丁寧な洗髪を行い、余計な汚れや毛穴の詰まりはきちんと改善しておきたいところです。皮脂はしっかりと取除いておくことが大切ですが、あまりに洗浄力の強いシャンプーを利用したり、一日に何度も洗うなどすると、必要な皮脂まで取れてしまい、肌が乾燥し、さらに皮脂が多く出てしまうこととなりますので、洗浄力はマイルドなシャンプーにし、丁寧に洗うことが大切です。

清潔にしたあとは、育毛剤や頭皮ローションなどを利用すれば血行促進や皮脂のコントロールに役立ちますし、マッサージなども加えておくとさらに効果的な育毛ケアが行えます。毎日丁寧にケアを続けていきたいですが、努力だけで改善が難しい場合は医療機関によるAGA治療も良い改善を期待することができますので、しっかりと改善をしたい場合は治療を取り入れてみてはいかがでしょうか。