1. 薄毛治療TOP
  2. 自分で出来る抜け毛対策(セルフケア)
  3. ≫亜鉛は髪の毛の原料となります。髪の主要構成成分ケラチンを作り、毛母細胞を活性化し、発毛・育毛を促進します。

亜鉛は髪の毛の原料となります。髪の主要構成成分ケラチンを作り、毛母細胞を活性化し、発毛・育毛を促進します。

髪の主要構成成分ケラチンは髪の毛の99%を占めていて、亜鉛は摂取したたんぱく質をケラチンたんぱく質に再構成する作用を持っています。どんなに良質なたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛は成長できず、つまり亜鉛は髪の毛の原料になります。亜鉛が不足すると、抜け毛や白髪が増えたり、髪の毛が細くなってしまったり、髪に栄養を与えても髪の毛が成長しないなど髪の毛のトラブルが起こってしまいますが、上手に摂取すると、栄養が行き渡り白髪が減ってきたり、髪の毛が太く強くなったり、しっかりした髪の毛が生えるので抜け毛が減ってきたり、成長ホルモンの働きを助けて一日に約0.3mmしか伸びない髪の毛が0.9mmも延びることもあります。

亜鉛は、男性型脱毛症(AGA)の原因物質で男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストロン)に換える酵素ですある5-α還元酵素の生成を阻害する効果も持っています。DHTは、男性ホルモンレセプターに結合し、毛乳頭や毛母細胞へ髪の毛を成長させないように脱毛因子と呼ばれる物質を出し、これにより前頭部から頭頂部の頭髪に脱毛が引き起こされて男性型脱毛症(AGA)が発症します。しかし、亜鉛を摂取することにより、DHTの生成が抑制され、毛母細胞を活性化し、脱毛が抑制され、男性型脱毛症(AGA)を抑制することが期待できます。また、髪の毛を育てるためには新陳代謝をよくし、細胞分裂が行われることが必要ですが、亜鉛は正常な細胞分裂をするためにも欠かせず、亜鉛の摂取により発毛・育毛を促進することが期待できます。

女性に嬉しい効果としては、髪の毛の成長を助けるホルモンの分泌を促進し、抜け毛を減らし、髪の毛を早く伸ばすことや、健康な髪では表面がクチクラといううろこ状の物質で覆われいますが、亜鉛はクチクラの生成を助け切れ毛を防いだり、髪のツヤを決めるメラニン色素の生成を促しツヤのある髪の毛にします。

また、亜鉛には髪の毛以外にも、様々な効果効能があり、味覚機能の維持と唾液分泌に関与する、精子を作り出し性欲増進作用をもつ、精神状態を安定に保ち記憶力を向上させる、免疫力をつけ、病気の予防や回復に効果がある、新陳代謝を活発にする、300もの酵素の活性化に関与する、細胞分裂においてDNAやRNAを作る、活性酸素を除去する、ビタミンCとともに皮膚の健康維持をする、妊娠中の胎児の健康な成長を促す、血糖値を下げる、アルコールを分解するなどの働きがあります。

亜鉛は、米、パン、牡蠣や大豆などの豆類、ゴマやアーモンド、ワカメやヒジキなどの海藻類など私たちが口にする多くの食品に含まれていて、通常の食生活では不足することはありませんが、インスタント食品を多く食べることや、ストレスを感じると大量に消費されることや、喫煙などにより減ってしまい、不足しがちなミネラルです。しかし、健康効果や髪の育毛発毛効果を期待して、サプリメントなどで過量摂取すると、頭痛や発熱、嘔吐、体がだるいと言った倦怠感、集中力の低下、腎臓障害や神経障害などの副作用が起こる可能性があり、摂取過多に注意しなくてはなりません。男性では亜鉛の1日限度量40㎎、女性では亜鉛の1日限度量30㎎となっているので、食べ物から摂取することも考えてサプリメントなどは上手に摂取しましょう。streaming The Space Between Us 2017 movie

また、亜鉛だけの摂取では、髪の毛の成長を促すことはできず、様々な栄養素を取ることは必要ですが、特にビタミンCを同時摂取することにより吸収が促進され頭皮に栄養が行き渡り、育毛効果が上がると言われており、サプリメントで同時摂取することが効果的と考えられます。