1. 薄毛治療TOP
  2. ≫自分で出来る抜け毛対策(セルフケア)

自分で出来る抜け毛対策(セルフケア)

育毛剤は生えてきません!正確な臨床データが無い方法の中には経皮吸収率は低い

薄毛を改善する方法としては様々な方法が開発研究されており、医学的にも根拠がある方法から民間療法で本当に髪の毛が生えてくるかどうか分からない、もしかしたら効果が全く期待できないのではないかと思う様な物まで多種多様となっています。 勿論その人の体質によってもその効果の出方などは大きく違っており、同じ方法でも人によっては期待する様な効果を感じられる場合もあれば、全く変化を感じない場合、さらに何となく効果が出た様な気がする程度の場合など様々です。live streaming film Sully 2016

細い髪の毛(ミニチュア毛)の原因:遺伝や喫煙習慣

細い髪の毛

細い髪の毛(ミニチュア毛)が増えることで、実際に生えている髪の本数は同じでも、見た目的に髪のボリュームが減ったようになり、しかもそういった細い髪の毛が一部分だけではなく、頭全体に広がっていくことで薄毛が進行、ひどくなると細い毛すら生えてこなくなる、つまり毛母細胞もなくなってしまったため、今の医学でも治療をしても自分の毛をよみがえらせることは不可能なので、育毛は薄毛に気付いたらすぐにでも始めるべきというのです。

血行促進でAGAを予防。毛母細胞へのDHTの流入増加のため血行を良くするとハゲるといわれるがその治療法は

ここ近年、薄毛や抜け毛に悩む人たちの治療法が確立し専門医もたくさん見られるようになりました。薄毛や抜け毛は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという物質によってDHTというジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンに変化し、それが毛母細胞に入りこむと発毛や育毛の働きが抑制しされ、ヘアサイクルも狂い、通常なら2年から6年ある成長期も半年から1年という短い期間に変えてしまい、十分成長しない細くて短い毛が抜け落ちていくという現象です。それは男性型脱毛症「AGA」と称され、男性ホルモンの変化によって起こるというシステムが判明されたために治療法も確立されてきたのです。

亜鉛は髪の毛の原料となります。髪の主要構成成分ケラチンを作り、毛母細胞を活性化し、発毛・育毛を促進します。

亜鉛

髪の主要構成成分ケラチンは髪の毛の99%を占めていて、亜鉛は摂取したたんぱく質をケラチンたんぱく質に再構成する作用を持っています。どんなに良質なたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛は成長できず、つまり亜鉛は髪の毛の原料になります。亜鉛が不足すると、抜け毛や白髪が増えたり、髪の毛が細くなってしまったり、髪に栄養を与えても髪の毛が成長しないなど髪の毛のトラブルが起こってしまいますが、上手に摂取すると、栄養が行き渡り白髪が減ってきたり、髪の毛が太く強くなったり、しっかりした髪の毛が生えるので抜け毛が減ってきたり、成長ホルモンの働きを助けて一日に約0.3mmしか伸びない髪の毛が0.9mmも延びることもあります。

汗をかいてAGA予防!運動不足で肥満症の人は皮脂の分泌増加し毛穴の詰まりが起こります

“薄毛対策のためには、まずはその原因を知ることも大切ですので、普段の生活や食事内容なども見直し、より髪が抜けにくく、育ちやすい環境に整えていくことも検討してみてはいかがでしょうか。まず、髪が抜けやすくなる原因のひつには余計な皮脂があり、皮脂が多すぎると毛穴の詰まりが起こりやすくなり、髪が細くなったり、脂症のべたついたフケが出る、雑菌も繁殖しやすくなるので、頭皮も炎症を起こしやすくなり、頭皮湿疹などもできやすく、頭皮や毛根の状態も悪くなりがちですので、髪が抜けやすくなったり、薄毛の進行をさらに早めてしまうことにつながります。そして、皮脂が多くなる原因についても知っておきたいですが、ホルモンバランスの乱れで皮脂が増えることもありますし、洗いが十分でない、さらに食事が肉類など脂っこいものが多い、さらに運動不足で肥満症という場合も皮脂が出やすくなりますので食事や運動にも気をつけ、体重を適正に保つことも考えていきましょう。