1. 薄毛治療TOP
  2. 治療法レポート
  3. ≫AGAの救世主・ミノタブの耐性は?! そして料金(値段)はどの程度かかるのか?

AGAの救世主・ミノタブの耐性は?! そして料金(値段)はどの程度かかるのか?

ミノタブとはミノキシジルタブレットの略で、今最もAGA治療に効果が高いと言われている、経口薬の一つで、この薬の平均的な料金(値段)はいかほどなのか、長期間使い続ける必要がある薬ですが、果たして耐性はあるのか、その効果のメカニズムは、などなど、ミノタブの徹底解剖を試みます。

AGAに抜群の効果を発揮することが知られているミノタブですが、残念ながら日本では未だ認可されておらず、ネット通販などを通して個人輸入で入手するのが、最も一般的な入手法です。気になる料金(値段)ですが、タイ製、フィリピン製、アメリカ製など、複数の会社から販売されており、タイプも成分含有量2 generic singulair.5mgから5mg、10mgと様々で、最も一般的なタイ製の5mgタイプのもので、1箱100錠入りが3,000円ほど、10mgになりますとこれより数百円高くなります。飲み方としては、1日2回、5mgを1錠ずつ飲むというのが基本的な方法なので、例えば5mgのものを1箱購入すれば50日間は服用できることになり、コスト的には非常にリーズナブルと言えるのではないでしょうか。中に、この手の薬は医療費控除の対象にならないのか、と気にされる方がいますが、この料金(値段)でしたら、そもそも1年間に10万円以上という医療費控除の対象からは外れますので、あまりその辺りを問題にする必要はないでしょう。

気になる効果のほどですが、実はこの薬の正確な作用機序は、はっきりと分かっているわけではなく、ただ、いくつかの成長因子がその発毛の作用機序に関与しているのではないか、と言われています。考えられるメカニズムや効果としては、ミノタブの成分が毛包に直接働きかけて、毛母細胞の働きを促進し、それによって毛髪を太く、丈夫にしたり、発毛・成長・退行というヘアサイクルを正常化・活発化して、発毛を促すといったことがあげられます。また、このような発毛剤に関してはどうしても長期間使い続ける必要があり、使っているうちに効果が薄れるのではないか、という懸念が起こるのですが、そうした耐性に関しては特に使い続けることでその効果が落ちると言った報告はなく、使っている間に脱毛の症状が見られることがあるにはあるのですが、それはヘアサイクルの正常化によるものと考えられています。

このように効果が確認されているミノタブですが、ここで注意したいのがその副作用で、代表的なものとしてはむくみや多毛症などがあり、顔がむくんだり、頭髪以外の体毛が濃くなったりといった症状が見られる場合があり、また、この薬は元々降圧剤として開発されたものなので、血圧や肝臓などに持病を持っているという方が服用される場合には、特に注意が必要です。副作用は誰にでも起きるというものではなく、この薬の副作用の発症率は決して高いものではないので、血圧に問題があるなど体調が心配な方は、医師と相談してから服用するようにしましょう。

髪の毛が薄くなる、それもまだ20代、30代という青年期とも呼ぶべき時に、こんな時の気持ちは、そのような状況に置かれたものでなければ決して分からないもので、それを止めてくれる薬、しかもネット通販でリーズナブルに手に入れることができるもの、安全に使い続けることができるなら、これほど嬉しい話はないでしょう。実は、この薬を愛用している芸能人も意外に多くいるのは、知る人ぞ知る所で、それだけこの薬が効果の高い、発毛を実感することの出来る薬、であることを証明していると言えるのではないでしょうか。

これからは、AGAは隠す時代ではありません、積極的に闘う時代で、そのパートナーとして上手に利用するために、この薬の真の姿をしっかり理解して、賢く使いこなしましょう。