1. 薄毛治療TOP
  2. 治療法レポート
  3. ≫プロペシアの料金(値段)と耐性とは

プロペシアの料金(値段)と耐性とは

人気芸能人が出演しているテレビコマーシャルで盛んに宣伝されている様に、かっては急性の円形脱毛症などの特定の症状以外は取り扱いを行っていなかった病院でも薄毛の治療が実施される様になっており、特に男性の薄毛の大部分を占めているAGA(男性型脱毛症)という症状についての治療が中心で、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬が処方されています。

このプロペシアは、元々はアメリカで前立腺肥大の治療のために使用されていたのですが、男性の薄毛に対しての改善効果が確認されたことにより、こちらの目的でも利用される様になったという経緯をたどっている内服薬で、日本では1年間かけて行った臨床試験で98パーセントの割合で不変以上の効果が確認されたという結果をもとに、2005年の12月に厚生労働省から承認されています。

なお、AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが変化して作りだされるDHTという物質が原因の症状で、日本人では約30パーセント程度に発症すると推測されており、DHTが生え際から頭頂部にかけての毛根の内部に存在している毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、頭皮への皮脂の分泌量が急増し毛母細胞の成長サイクルが著しく乱れるという内容です。

毛母細胞の分裂は、成長期という状態が数年間持続した後に活動が低下する退行期に変化し、頭髪が抜け落ちてしまう休止期と呼ばれる状態となるのですが、これが正常なヘアサイクルであれば再び成長期へと移行します。ところが、DHTにより狂わされてしまった毛母細胞は、成長期は半年程度にまで短くなっているので、すぐに寿命を迎えて抜け落ちるようになるので、AGAの顕著な特徴として、生え際から頭頂部にかけての頭髪だけ軟毛化が進行するようになり、最終的には生え際が上がり頭頂部までの頭髪は完全になくなってしまいます。

プロペシアの作用機序は、このAGAの原因物資DHTの生産にかかわっているⅡ型の5α還元酵素の活性を阻害するという内容で、脱毛症の原因物質の生産が結果的に抑制されることにより、薄毛の進行が止まることになります。ただし、頭皮や頭髪への直接的なメカニズムや効果は一切ないので、AGA以外の薄毛に対しての有効性は確認されておらず、特に女性の場合は効果どころか副作用に見舞われる危険があるので服用することは禁止されています。

つまり、プロペシアはAGAに特化した治療薬であり、飲む育毛剤とも呼ばれていますが、実際には酵素活性の阻害剤ということになります。AGAは、最終段階にまで進行したとしても健康に対して直接的な悪影響はないので、健康保険が適用されない自由診療に分類されており、さらに医療費控除の対象からも除外されています。この自由診療とは、クリニックごとに自由に価格設定を行えるので、料金(値段)にもかなりのばらつきがありますが、1カ月分で1万円前後というのが大体の相場となっています。なお、飲み方は極めて簡単で、1日に1度お湯か水で服用するという内容であり、食前や食後、就寝前などの厳密な規定はされていません。また、耐性が付く可能性は指摘されていますが、現時点では断定できない状況です。

ただし、プロペシアの服用を中止すると再びDHTの生産量が増加することになり、毛母細胞の分裂する頻度が低下してしまい脱毛症が進行するという状況は変化することはないので、AGA治療は現在のところ別の治療薬や治療法が考案されるまでの間はこの内服薬を使用するのがベストの選択であり、皮膚科学の国内で最大の社団法人である日本皮膚科学会が2010年に作成した男性型脱毛症の診療ガイドラインの中で内服治療の第一選択薬として強く推奨できると評価されています。