1. 薄毛治療TOP
  2. 内服薬
  3. ≫AGA治療薬ザガーロとは

AGA治療薬ザガーロとは

男性の薄毛の大部分を占めているAGAは、男性ホルモンのtestosteroneが5α還元酵素に変換されて出来るDHTという物質が原因の症状です。このDHTは、男性生殖器の発育に関与している物質ですが、一方で悪玉男性ホルモンとも呼ばれており、AGA以外に前立腺肥大の原因物質でもあります。

AGA治療薬のプロペシアは、前立腺肥大の治療薬として開発されたfinasterideを主成分としており、DHTの生産に関与している5α還元酵素の内でⅡ型の活性を阻害するという作用があり原因物質の生産が抑制することで脱毛症の進行を防止するという結果につながります。

プロペシアは、現在世界60カ国以上で使用されており、日本でも1年間かけて行った臨床試験において、1日に1ミリグラム服用した人の98パーセントに不変以上の効果を発揮したことが確認されたことを受けて、2005年に厚生労働省から承認されており、AGA治療を行っている医療機関で処方されています。

ザガーロは、このプロペシア以上の効果が期待されている新しいAGA治療薬で、有効成分のDutasterideは、プロペシアの主成分finasterideと同様にDHTの生産に関与している5α還元酵素の活性を阻害するのですが、Ⅱ型だけではなくⅠ型も対象としていることが特徴です。

なお、5α還元酵素の種類ごとの違いは、Ⅱ型が生え際から頭頂部にかけての毛乳頭細胞に集中して分布しているのに対して、Ⅰ型は体毛も含めてすべての毛乳頭細胞に存在しているということで、AGAは、生え際から頭頂部にかけての部分に薄毛が集中することが特徴であり、これまではⅡ型のみを阻害すれば良いと考えられてきましたのですが、プロペシアの効果が発揮されなかった人に、Dutasterideを処方したところ脱毛症が改善されたという報告が韓国で行われています。

このために、韓国では前立腺肥大と共にAGA治療でもDutasterideを承認しています。そして、この流れを受けて登場したのがザガーロで、日本でも2015年の9月にAGA治療薬として厚生労働省から承認されており、脱毛の原因物質DHTの生産を阻害することにより、乱れていたヘアサイクルが正常な状態に回復させて薄毛を改善することが目的であり、1日に1度、水かお湯で服用するという使い方で、食前や食後などの規定はありません。

なお、AGAの原因物質のDHTは前述したように本来は男性生殖器の発育に関与している物質で、この生産をザガーロは抑制することを目的としているために、未成熟な段階で服用すると発育が阻害されるという副作用に見舞われる危険があり、また妊娠及び妊娠している可能性がある女性は、自分自身ではなく胎児の生殖器に副作用が生じる危険があるので、これらの人はプロペシアと同様に服用することは禁止されています。

また、ザガーロを服用してしばらくすると大量の脱毛に見舞われる可能性がありますが、これは副作用ではなく初期脱毛という良化途上に起きる一時的な症状で、基本的には心配する必要はありません。これは、乱れていたヘアサイクルが正常な状態に回復することによるもので、退行期や休止期で停滞していた毛母細胞の分裂が、成長期という状態に移行することで脱毛すると考えられています。

なお、健康的な毛母細胞の成長期は男性であれば3年間から5年間は続き、1カ月に1センチメートル前後のペースで髪の毛は成長します。AGAの場合は、これが半年程度にまで短縮するので短い状態のままで抜ける髪の毛が目立つことになるのですが、ザガーロを服用することにより、これが元の状態に回復するので、再び髪の毛の成長は数年間続くようになります。