1. 薄毛治療TOP
  2. 内服薬
  3. ≫ミノキシジル系育毛剤ロゲインとは

ミノキシジル系育毛剤ロゲインとは

中年男性の薄毛の大半は、前頭部から頭頂部にかけての部分に集中しているAGA(男性型脱毛症)という症状で、思春期以降に分泌量が急増するtestosteroneが変化して作られたDHTという物質が毛乳頭細胞の男性ホルモンレセプターと結合したことにより、毛母細胞の分裂するペースが狂わされてしまい、通常であれば3年から5年程度は続く髪の毛の成長が半年程度にまで短縮されることが原因で薄毛が進行するという内容で、日本人男性の場合は約30パーセントの割合で発症すると考えられています。

髪の毛は、東洋医学では血の余りと表現されている様に、生きるために使用した栄養素の残りの部分により構成されている部分で、仮に全てを無くしたとしても身体的な健康状態が損なわれることは一切ありませんが、見た目のイメージは大きく変わってしまうので、特に10代や20代の若年層の場合は精神的に大きなダメージを受けることになります。

ところが、医療機関では長年にわたり急性の円形脱毛症の様なごく一部の症状以外は治療の対象として取り扱っていなかったために、薄毛の改善はヘアサロンなどの民間が主体的に行っており、この中には医学的な根拠を持たない荒唐無稽なものも存在しているうえに高額請求などによるトラブルも少なくはありませんでした。

このような混乱を避けると共に本格的に開始されてきた薄毛治療における標準治療の確率を目的として作成されたのが、2010年に日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症の診療ガイドラインであり、育毛剤の成分や治療法を科学的根拠が明確な順番にランク付けを行っています。

この中で外用治療の第一推奨薬として強く推奨できると評価されたのが、アメリカで降圧剤として開発されたMinoxidilという有効成分を配合した育毛剤で、ロゲインはこのパイオニア的な存在として20年以上も薄毛の治療薬として使用されてきた歴史を持っており、世界中で頭髪の回復を体感した利用者が存在しています。

ロゲインの有効成分Minoxidilは、頭髪の成長に関与している毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化することにより発毛を促進すると考えられていますが、そのメカニズムについては現在でも完全に解明されていないので、他の作用によるものである可能性はゼロパーセントではありません。ただし、脱毛症に対しての効果が確認された後に薄毛の治療薬として利用される様になっており、その有効性に関しての疑問はありません。特に、頭頂部の薄毛に効果的なのが特徴で、つむじ周辺から拡大していくO字型と呼ばれるタイプで悩んでいる人には非常に推奨できる内容を備えています。

ロゲインの使い方は、1日に2回頭皮に適量を塗布してマッサージにより血行を促進するという内容です。これは、血液中のミノキシジルの量を一定の状態でキープするためであり、1日に1回のみ塗布するよりも短期間で効果を発揮すると考えられています。

なお、Minoxidilは前述したように本来は降圧剤として使用されていたものであり、ロゲインを塗布すると血圧は急激に変化してしまうので、血圧が極端に高い人や低い人は使用するにあたって医師に相談するのが適当です。また、Minoxidilの作用は頭髪の毛乳頭細胞と毛母細胞に限定して発揮されるわけではないので、足や腕などに生えている体毛が増加するという副作用があります。

また、ロゲインはアメリカの製薬メーカーにより生産されているので、国内の薬局やドラッグストアーなどでの取り扱いは行われておらず、入手する場合は、製造しているメーカーから直接購入するか個人輸入代行業者を利用するという方法になります。